return

room number 03

ジ ブ ナ ッ ク ス 開 発 部 長

さん




視聴システム
 全景写真、ラック内左上からTechnicsのチューナーのST-GT550、殆ど使ってない。
その下がSONYのMDデッキのMDS-302。使用頻度が高いせいか修理を2回。最下段がPIONEERのカセットデッキのT-WO5SR。MDが有るのでチューナーよりさらに使わない。
そして中央下段にはPIONEERのDVD、LDプレーヤーのDVL-909。dts対応にヴァージョンアップ済。DVD専用機を買えば良かったと後悔。
次に右下下段にはSONYのLDプレーヤーのMDP-A1。普及機なのでデジタルメモリー無し。
殆どただのCDプレーヤー。その上にはPANASONICのBS内蔵VHSハイファイのNV-HB50。
内では悪天候に最も強いBSチューナーを持つ。その上がPANASONICの当時のハイエンドS-VHSのNV-SB800W。思ったほどチューナーの性能が良くないのでダビング&再生専用機と化している。ラック右上に乗っているのはPIONEERのレコードプレーヤーPL-X520。月に一回使えばいい方。レコードの蓋に二つ乗っかってるのが、PROSPECのCGCのVSP777V2とVSP779。それぞれDVDとSB800Wに接続。ラックの右横にちらっと写っている黒い箱はBOSEのリンゴのアクースティマスモジュールです。ちなみに写真左下に有るグレーの箱はSONYのコードレスヘッドホンの電源部。写真に写っていない部分で790DのメインスピーカーはPIONEERのS-X620V、リアはPIONEERのS-X7。サブウーファーは両方のアンプにYAMAHAのYST-SW70、55ESのみにYAMAHAのYST-SW90。


 アップの写真、左最上段は皆さんご存知のWOWOWデコーダー、その下はPANASONICの
BS内蔵S-VHSのNV-SB77W。酷使しすぎでヘタリ気味です。次にPIONEERのLDプレーヤーのCLD-HF7G。購入当時、HF-9Gには手が出なかった。その下がSONYのドルデジ&dts対応AVアンプのTA-V55ES。テレビの上に見えるBOSEのスピーカーシステムのAM-10II(リンゴ)が繋がっています。テレビはVICTORのAV-28X4で、BOSEのリンゴの隣にあるのがYAMAHAのセンタースピーカーのNS-C60。当時のYAMAHAの最廉価センタースピーカーで、HAMILEXラックのテレビの真下にあるSONYのプロロジックAVアンプのTA-AV790Dに接続。





お気に入りDVD その1
「カウボーイビバップ」

 一言で言うと「ルパン三世のSF版みたいなアニメ」。お子様には理解出来ない作品。
衝撃の結末には唖然。音楽が洒落てます。全26話。

お気に入りDVD その2

「星界の紋章」

 森岡浩之氏原作のSF小説をアニメ化。売り文句は『「スター・ウォーズ」のスケールと「スター・トレック」の人間ドラマ!』。全13話。

 





お気に入りDVD その3
「逮捕しちゃうぞ the MOVIE」
(DD5.1ch版&DTS5.1ch版)

 '99年に劇場公開。藤島康介氏の原作コミックがOVA→TV→MOVIEと進化。DD版とDTS版の両方を買っちゃいました。





お気に入りLD その1
「セーラームーン」シリーズ

 平成アニメブーム&声優ブームの発火点。お子様から大きいお友達までに親しまれた。付いてる箱は「セーラースターズ」以外は全巻購入特典です。



お気に入りLD その2
「プリンセスナイン」

 '98年にNHKBS-2で放映され、一部マニアに熱狂的支持が有り、続編が熱望される王道的スポ根アニメ。女子高野球部が甲子園を目指す!DVD化もされていて、そちらの方はDD5.1ch仕様。全26話。

return