「放送禁止/フェイクドキュメンタリー」カテゴリーの記事一覧

2006.06/03 23:06

「ノロイ」特典ディスクを観る

未公開シーンに関しては、堀さんがアルミホイルだらけの格好をしている部分に繋がる映像等々、なかなか興味深かったんだけども、その他のは、なんですかこりゃ。という感じ。


ところで、「ノロイ」の宣伝Pって叶井俊太郎なのね。

http://www.cinemacafe.net/special/horror2005/archives/002380.phtml







ビッグヒットは五感でつかめ!―何があってもめげない仕事術 「10年後なんて考えられない」という君へ

ビッグヒットは五感でつかめ!―何があってもめげない仕事術 「10年後なんて考えられない」という君へ

  • 作者: 叶井 俊太郎
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本




映画突破伝―「人肉饅頭」から「クイーン・コング」まで

映画突破伝―「人肉饅頭」から「クイーン・コング」まで

  • 作者: 江戸木 純, 叶井 俊太郎
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本



続きを読む
2006.06/01 20:51

「ノロイ」を観る


ノロイ プレミアム・エディション

ノロイ プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: DVD




ようやく「ノロイ」を観た。

こういった日本の心霊・オカルト系のフェイクドキュメンタリー作品は、主人公たちの行動範囲が限定されたりしてやたらに狭く、芝居をする登場人物も数人という設定が多くて、見るからに安い作りのものが多いんだけども、劇場用作品ということでオリジナルビデオ作品等と比べると予算もそこそこに使えたのか、美術関連の雰囲気作りも出来ていて結構楽しめた。

取材を通して一見関連性の無い事象が繋がっていく様子や、正気を失った人物に導かれ山の中に入っていく展開は、同じ白石晃士の演出した「ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2」と似ているけども、「霊体ミミズ」「呪い電波」などという文字通り電波なキーワードで全編に渡り活躍する自称・霊能者の堀さんの存在で、そんなことなど気にならなくなっている気がする(笑)


難を言えば、神社の霊の描写は残念ながらCG、CGしてしまっていて、もうちょっと頑張って欲しかったかも、、、という事と、最後に現れる霊も、わりかしありきたりな霊描写な上、はっきり見え過ぎな感じがする。どちらも実景と霊のマッチムーブは成功しているだけに、個人的にはそこが残念だったかなと。

あと、ちょっと演出的な意図が感じられるほどカメラがブレていたり、無駄に被写体に寄る事が多すぎで、落ち着きの無さがかえってリアリティを殺してしまったかなぁという印象。

もひとつ言うと、このジャンル全般にそうなんだけども、普通の音量ではセリフが全然聞き取れないミックス、、、。驚かすのと怖がらすのは違うという事をわかってほしい、、。


と、色々と気になった部分はあるけども、今後、日本のフェイクドキュメンタリー系ホラーを語る上で外せない1本になるんではないだろうか。

ただ、ヤラセだ演技だという風に思考がシフトしてしまって、このジャンル自体を楽しめない人もいるから、人に勧めるのは難しいかも、、、。 


あと、DVD的には、やっぱりコメンタリーを入れて欲しかったなぁ。 心霊・オカルトの類を扱ったフェイクドキュメンタリーって性格上、舞台裏を明かしにくいとは思うけども。







ノロイ―小林雅文の取材ノート

ノロイ―小林雅文の取材ノート

  • 作者: 林 巧
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 文庫




ほんとにあった! 呪いのビデオ~THE MOVIE2

ほんとにあった! 呪いのビデオ~THE MOVIE2

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • 発売日: 2003/11/21
  • メディア: DVD



ぽすれん



続きを読む